投資信託の選択で悩んだらセミナーに行こう

投資信託の選択で悩んだらセミナーに行こう

低金利時代に、一定の利益を得られる投資の手段として注目される投資信託ですが、初心者はどのように始めればいいか不安なもの。
もちろん、販売員から聞いて投資信託の商品を選ぶ方法もありですが、セミナーで前もって学ぶことも重要です。
そこで、おすすめなのが証券協会の無料セミナーです。
そこで、金融方面のリテラシーを養うことができ、初心者でも資産を守ったり増やしたりしやすくなります。

では、なぜ有料のイベントではなくて、証券協会の無料のものなのでしょうか。
それは、有料のものよりもリーズナブルという一面が存在するのも事実ですが、中立で公的な機関が行っているイベントであるため特定の金融商品に肩入れしない面もあります。
そのため、投資を行う人はバイアス(偏見)を持たないで、自分にあった商品を選ぶことができ、身の丈にあった投資をすることができます。

また、金融商品を説明するイベントは全国の地方にある主要都市で行われます。
県庁所在地や政令指定都市であれば、少なくとも年に1回は行われるような頻度です。
そこでも、大都市で行われることが多い有料のものよりも使い勝手が良く、参加しやすいといえます。
ただ、公的な機関が中立な視点で行っているものであるため、投機的な目的で資産を大きくしたい人には不向きかもしれません。
しかしながら、多くの人は投機的なことを志向してはおらず資産を守るのが最大の目的だといえるのでこれらの講義に参加することは適しているといえます。

また、講義はユーザーフレンドリーになっていく傾向が見られ、退屈しない作りになっているので、投資を目的としない方が教養のために受講するのもありでしょう。
ここまでで述べたように、証券協会のセミナーは投資信託を始めようとしている方や、始めていてもその選択で悩んでいる方に適しているといえます。
特に、初心者の方にはお勧めですので、受講することを考えるのも有効な手段だといえます。

初心者におすすめの投資信託セミナー

ところで、投資信託セミナーにはどのようなものがあり、どのような分野の講義を聞くのがおすすめなのでしょうか。
実際、日本証券業協会のセミナーは多種多様なものがあります。
その中でも、金融リテラシー習得講座~NISA特別対応編~がおすすめです。
その講座では、金融商品がどうこう言う以前のお金に対する知識が得られる点が大きいです。
知識を得ることは、もちろん資産運用でも重要なのですが、お金に対して漠然とした不安を持つ方の心配を消してくれる作用があります。

また、個人が小規模な取引ができるようになるNISAの初心者にとって、痒い所に手が届くような情報を得られます。
ただ、まだ少なくない方がNISAなどの株取引について、何か投機的な意味が強すぎて手を出しづらいものだと思っているかもしれません。

また、小規模な投資とはいえ、資産を減らすリスクがあるのも事実です。
しかし、金融商品の取引には少なからずメリットがあり、NISAには120万円の非課税枠があるなど税金対策でも役に立ちます。
また、投資信託ではバランス型のものが多く、あえて関連しない業種をパッケージにして商品にしているケースが多いので、大損するリスクが少ないといえます。
NISA口座はネット証券でも作れますので、WEBが見られる環境にあればいつでも行えるといえます。

では、そのようなNISAを中心に投資について理解するための講義があるイベントに関する情報がどこで手に入るか紹介します。
日本証券業協会のWEBサイト「イートーシ・ネット」では、各地域でどのようなイベントを行っているか見ることができます。
そこで、投資信託による資産運用を学ぶセミナーを見つけて、イベントに参加することが、効率的な資産形成と資産を守る視点からおすすめだといえます。